生き活きレポートNo.139配布中

2014年11月14日 12時46分 | カテゴリー: トピックス

10月28日、東京・生活者ネットワーク統一地方選挙基本政策と第1次候補予定者の発表会が行われた。

いつの間にか、解散総選挙の大嵐が起こる気配。自らが掲げた「消費税10%引き上げを先延ばしすることの民意を問う」というわけのわからない選挙。これで勝てば安倍首相は、原発再稼働も集団的自衛権行使容認も特定秘密保護法の施行も、民意は我にありというつもりなのでしょうか。民主主義や議論の積み重ねを全くしない日本の政治にまた、多くの有権者が失望し、政治離れが起きることが懸念されます。

地域で地道に政治をあきらめない市民の活動を広げることを続けなければと強く思います。11月1日発行の生き活きレポートはこちらから

●子どもも親も一人にしない子育て支援をすすめます[市議会議員吉野よしこと政策委員山本あき子の対談]

●スタート集会のお知らせ[講師 福嶋浩彦元安孫子市長]

●9月議会報告