子どもたちも短冊に願いを書いてくれました!今夜は七夕

2015年7月7日 23時19分 | カテゴリー: トピックス, 子ども・教育・女性, 市民自治・まちづくり

 

狛江ネットで恒例となった七夕ひとこと提案。緑地保全地区の笹を切り出してもらい、駅前で市民のみなさんの願いを短冊に書いて飾っていただきました。「元気な赤ちゃんが生まれますように」「先生になれますように」「バドミントン部、関東出場できますように」「男子バレー部強くなれますように」「まいにちおてんきがつづいておそとあそびがたくさんできますように」「子どもたちの心理健康のために、両親は子どもと一緒に過ごす時間が増えてほしい」などのほか、「自習室がほしい」「一時保育を充実させて」「小学生が遊ぶ公共の場所を増やして」「障がい者にやさしい市政をお願いします」「あいとぴあセンターのプール利用料を安く。利用回数を増やしてほしい」など、市政に関するさまざまな願い・思いも直接伺うことができました。短冊を手にして、しばらく考えていた男子高校生、「願いは自分で実現するものだから」とにこっと笑って立ち去りました。夢を実現できるといいね!

学校や家庭で子どもの権利が守られていないのでは、との訴えがあり、今回は簡単なシールアンケートもしてみました。赤ちゃんと幼児を連れたママたち、学校帰りの子どもたちも協力してくれました。狛江ネットでは今年度「子どもの権利」について市民のみなさんと話し合っていきたいと考えています。どうぞみなさんの体験やご意見を狛江ネットまでお寄せください。

ネット事務所☎ 03-3430-1302、ファックス03-5761-0678、mail komanet.seikatusya@nifty.com

もちろんこのホームページ右上のお問合せフォームからもご意見をいただけます。ご連絡いただく場合、よろしければお名前、ご住所、電話番号などもお知らせください。調査結果など報告させていただくことができます。どうぞよろしくお願いいたします。