電力自由化スタートにどう向き合うか。デンキを選べば社会は変わる!

2016年2月11日 00時23分 | カテゴリー: トピックス

4月の電力自由化を目前にガス、石油、商社、携帯など様々な事業者が電力事業に参入しています。驚くのは東京電力が従来より5%?安いメニューを売り出していること。3・11から5年を迎える現在も、事故原因の究明も汚染水のコントロールもできないまま、原発事故避難者への補償を打ち切る一方で、原発再稼働をすすめている電力会社を消費者は選択するのでしょうか。

狛江市環境政策課とエネルギーシフトを実現するこまえの会(略称:エネこま)主催の学習会では長年自然エネルギーの普及のために尽力してきた竹村英明さん(市民電力連絡会会長)を講師にお迎えし、電力会社を選ぶ基準は?再生可能エネルギーで停電しないの?など、わかりやすくお話しいただきます。ぜひご参加ください。

日時:2月13日(土)13:30~16:00(13:00開場)

参加費:無料

場所:中央公民館地下