セクハラパワハラのないまちに!! 狛江・生活者ネットワークは市長予定候補【無所属】田中とも子さんを推薦します

2018年7月8日 23時59分 | カテゴリー: トピックス

田中とも子さん(右から2番目)出馬記者会見
ともに活動した女性議員有志の会のメンバーと。
山本あき子(左から3番目)

高橋都彦前市長のセクハラ問題での退任を受け、7月22日投開票で市長選挙が挙行されます。

狛江・生活者ネットワークは過去二度の市長選挙において高橋氏を推薦したことを市民の皆様に深くおわびいたします。推薦を行った政治団体の責任において、事件の真相究明に努めてまいりましたが、前市長が自らの行為を真摯に認めることなく、被害者に公に謝罪することもなく辞職することに至り、慚愧に堪えません。この間女性議員有志の会及び市民の活動に後押しされ、4人の被害者が実名で市長に抗議文を提出したことにより、ようやく前市長が辞任するに至りました。

 

この事件を通して改めて、権力者である市長のセクハラ問題を解決できなかった

臨時総会後予定候補田中とも子さんとネット会員、市民との懇談の場を持ちました

狛江市政の問題点が浮き彫りになりました。狛江・生活者ネットワークは7月7日臨時総会を開催し、前市長のセクハラ問題に果敢に立ち向かった女性議員有志の会から立候補を決意した田中とも子さん(無所属)を推薦することを決定しました。子ども、高齢者、障がいのある方、生きづらさをかかえる方など、一人ひとりの人権が大切にされる狛江をともに支え作り上げましょう!初の女性市長誕生に全力を尽くします。皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

(狛江・生活者ネットワーク代表 池座俊子)

田中ともこさん プロフィール 
1957年山形県生まれ   國學院大學文学部卒業   大國魂神社巫女、防災関係企業勤務   1997年から都議会議員(1期)   2007年から日本共産党狛江市議(3期途中)   市議会副議長、社会常任委員長、決算特別委員会副委員長、多摩川衛生組合議員、都市計画審議会委員、保育園父母会長、中学校PTA役員   趣味は映画鑑賞、生け花(師範)   多摩川住宅在住、家族は夫と三女