狛江・生活者ネットワークは憲法96条改正に反対します!憲法96条改正は議会制民主主義の冒涜

2013年5月10日 09時46分 | カテゴリー: トピックス, 議会

自民党により、憲法96条改正案が声高にあたかも正論のように主張されている。おかしくはないか?日本は議会制民主主義の国である。国民の代表者として選ばれた議員が国の政治を議論し多数決で決めていくシステム、小学校で教わる基本である。繰り返すが国会議員は国民の代表である。その2/3以上の同意もとらない案件(憲法改正)を国民に問うなど、一国の長がぬけぬけと発言できるとは、国民もバカにされたものだ。プロである政治家、国会議員の職務怠慢宣言である。議会制民主主義の否定である。議会制民主主義とは、市民に選ばれた議員が議論を重ね、論拠を示し、合意点を模索していくプロセスを要する。その根本的なプロセスを簡略化し、国民にこそ本意を問うべきなど詭弁に過ぎない。議論を重ねる職務を放棄しているのだ。その実態は与党の独裁的判断を、諸々の仕掛け、あたりのよい表現に包んで国民を操作しよう、国民は操作できるという私たち市民への愚弄である。市民は毎日の生活に忙しい。政治を、憲法を詳しく研究している時間は正直あまりない。だからこそ、代表として議員に国政を託しているのだ。そこで議論を尽くし2/3以上の多数を得ない案件など国民に問うて欲しくはない。国の基軸となる憲法である。忘れないで欲しい。(狛江・生活者ネットワーク運営委員 高木聡子)